陶ISM

b0145114_13573540.jpg先週の連休、益子で開催された陶ISMに参加してきました。30代前後の陶芸家85名がそれぞれの作品を展示し、協賛ギャラリーなどの関係者に見ていただくイベントです。一般の方も入場でき、作品の即売も行われました。今後の活動につながるきっかけ作りがイベントの目的です。
私は、陶芸家としてではなく「編集デザイン工房」として協賛させていただきました。取材などに必要な人脈作りとDMなどの制作営業が主な目的ですが、一世代下の陶芸家達がどんな想いでどんな作品を作っているのかにも興味がありました。
余興としてポートレイト(肖像写真)の撮影サービスを行い、30名ほどの陶芸家に参加していただきました。

イベント自体は成功だったと思います。
陶芸家達の自主運営でしたが、滞り無く進行し、大きなトラブルもなかったようです。
幸い天気にも恵まれ来場者も多く、盛況でした。
スタッフの方々のもてなしもよく、大変気持ちの良いイベントでした。

今後、このイベントの成果がどういう形で見られるのか、楽しみです。
# by nodatohboh | 2010-03-28 14:17 | 編集の仕事

二子玉で単行本の打ち合わせ

金曜日の夜、世田谷区の二子玉川駅近くのお店で単行本の打ち合わせを行いました。
著者の陶芸家の先生とそのアシスタント、制作側から企画・ライターの女性と撮影・デザインの私が参加しました。この企画、まだ出版社の最終許可が下りていなくて、やや見切り発車気味で進行しています。しかし、このペースで進行していかないと出版予定期日に間に合わないのも事実で、なんだか世の中の矛盾を感じてしまいます。
一応、領収書はもらっておいてくださいということだったので、ちゃっかりと出版社の名前でもらっておきました。

事務所のある祖師谷から二子玉川は、公共交通機関を使うと遠回りをしたりして時間がかかってしまうので、自転車で行きました。片道約30分、途中結構きつい坂もあります。無事完走しましたが、もちろんおしりの筋肉は痛くなりました。
高校生の頃、予備校に行くため、自転車で片道1時間の道のりを毎日通っていたのをふと思い出しました。
# by nodatohboh | 2010-03-20 12:13 | 編集の仕事

佐藤君の個展DM

b0145114_18582177.jpg名古屋のギャラリーで開催する後輩陶芸家佐藤典克君のDMを作りました。今回は、これまでのカラフルな作風をがらりと変えてきました。ある程度キャリアのある陶芸家が作風を変えるのは、結構大変で勇気も必要です。良く思い切ったものだなと感心してます。
DMの雰囲気も一新し、これまでのポップな感じから渋い高級感テイストに変えてみました。

佐藤典克作陶展
会期: 4月12日(月)〜20日(火)
会場:手児奈(てこな)
名古屋市中区千代田3丁目14−22杉浦ビル 2F
TEL 052−332−0393
# by nodatohboh | 2010-03-18 19:11 | デザインの仕事

イベント的体験教室のお手伝い

先週の土曜日、世田谷のINAXショールームで行われた岡崎裕子さんの陶芸体験イベントのお手伝いを祖師谷陶房でさせていただきました。私の任務は、朝、車で材料やら道具を現場に運んでセッティング&ミーティング、アシスタントとして新井田志奈帆(旧姓:古角)を置いて陶房に戻り、夕方再び現地へ行って作品と材料その他をピックアップする、というものでした。
しかし、さんざん段取りを考え、持って行くものをメモしていたにもかかわらず、肝心要の手回しろくろ11台を忘れるという失態。渋滞の環状八号線を3往復もするハメになりました。
幸いなことに、イベント自体は滞りなく進行し、まずまずの成果があったようです。

私に限ってかどうかわかりませんが、こういうミスは、時間を掛けてしっかりと計画したときにこそ起こりがちな気がします。妙な安心感が心にスキを作るのでしょう。
まだまだ、修行が足りません。
# by nodatohboh | 2010-03-15 18:10 | 陶芸の仕事

辻君のDM

b0145114_1541463.jpgここ十数年で陶芸作家の数はどっと増え、陶芸界の底辺は確実に広がっています。
理由はいくつかあるのですが、
窯などの陶芸関連機材がとても使いやすくなったこと、
陶芸を教える学校が増えたこと、
工場などの就職が少なくなって個人作家にならざる終えないこと、
他の職業から陶芸家に転向する人が増えたこと、、、
などが考えられます。
そのためか、いろいろな経歴を持つ陶芸家の方と知り合う機会も増えました。しかし、本当にプロと思える仕事している人はあまり多くありません。

辻君とは、後輩の作品展会場で紹介してもらい、それ以来の付き合いです。
彼は、プロの技と執着心と根性で大変緻密な色絵を描く作家です。
DMを頼まれたのは2回目です。前回は背景にあえて強い色をぶつけてカラフルさを強調させましたが、今回は作品のベースが黒釉だったので、シックな雰囲気に仕上げてみました。

b0145114_15265877.jpg辻竜馬 作陶展「色絵」
会期:2010年 3月25日(木)→31日(水)
会場:京王百貨店新宿店 6階 美術・工芸サロン
# by nodatohboh | 2010-03-05 15:29 | デザインの仕事