<   2010年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

打ち合わせ

午後から、渋谷へ打ち合わせに出かけました。
今日初めてお会いする打ち合わせの相手は、私と同じ歳。大学では彫刻を勉強し、メーカーや彫像制作の会社に勤めた後、今はデザイナーとしてデザイン事務所を経営されています。その傍ら、仏像に関する本を執筆するなど、いろいろな分野で活躍されている方です。専門の分野は異なりますが何となく私と経歴が似ています。
陶芸に関する書籍の企画を持っていらっしゃって、それに関するご相談でした。いろいろな話に脱線しながら、ずいぶんと長い時間お話をさせていただきました。

仕事柄、いろいろな方とお話しをする機会がありますが、何となく話しやすい方とそうでない方がいるものです。興味のある事柄が似ているとか、世の中の見方が似ているとか、価値観が近いとか、そういったことが話しやすさにつながっているようです。
残念ながら、凄く尊敬しているとか好意を持っているとかと話しやすさとは、必ずしも一致しないものです。

b0145114_120595.jpg超雑学 読んだら話したくなる
仏像の魅力
谷敏朗・金子 鎌士 著
日本実業出版社
ISBN-10: 4534046596
ISBN-13: 978-4534046598
by nodatohboh | 2010-01-30 01:43 | 編集の仕事

変わった大きさのDM

祖師谷陶房の後輩陶芸家岡崎裕子(以後、ユウコちゃん)のDMを作りました。ユウコちゃんはDMにもこだわりをもっているので、イメージが具体的にあって、私をそれを完成させるためにサポートする感じで作りました。AD:ユウコ、Ph&D:ノダといったところでしょうか。撮影風景はユウコちゃんのブログで。

ユウコちゃんには、作品展のDM以外に年賀状なども頼まれて毎年作っています。
DMや年賀状を頼まれたときは、初稿の段階で「オーソドックス」「ちょっと遊んだ」「かなり遊んでみた」の3パターンくらいをクライアントにぶつけてみます。そして、お返事が帰ってくるわけですが、大げさに言うと、選んだものでその人の人生観みたいなものも見えたりします。
「かなり遊んでみた」という案は、だいたいこれは選ばれないだろうなってくらい冒険していますが、ユウコちゃんはこれを選ぶ確率がとても高い、愛すべきギャンブラーです。

b0145114_21581712.jpg今回のDMは100×296mmという長〜いサイズです。私の知る限りでは、陶芸の展覧会DM史上初の快挙ではないでしょうか。クロネコヤマトのメール便とユウコちゃんの勇気に乾杯!

Yuko Okazaki Exhibition
2010年2月19日(金)~25日(木)
11:00-20:00(最終日は19:00まで)
PLAIN PEOPLE
東京都港区南青山5-3-5
TEL 03-6419-0978
by nodatohboh | 2010-01-27 22:22 | デザインの仕事

仕事が少ない日、多い日

先週末、季刊「陶工房」の初稿が出版社から一気に送られてきたので、日曜日までにその校正を済ませました。同時期に、クライアントにお願いしていたDM二種類と飲食店のパンフレットの校正が戻ってきたので、少しだけ修正をして印刷屋さんに入稿。途中だったものがパタパタっと片付いてくれました。
お陰で今週の月曜日は、久しぶりに急ぎの仕事がない日になってしまいました。なぜ、「なってしまった」という表現になるのかというと、ちょっと仕事に追われていないと不安になる悪い癖があるからです。何か大切なことを忘れていやしないか?と心配になるのと同時に、ついに長年後回しにしておいた懸案事項に手を付けなければならいのか、という絶望感が襲ってくるからなのです。

本日火曜日は、そんな事を考える間もないほど一日中電話をしたりメールをしたりで終わりました。
雑誌の企画のための調べごとをしたり、あちこちにアポイントを取っていたこともあるのですが、昨年からアプローチしていた新規の仕事がとれて、それが急激に動き出したことも重なりました。この新規の仕事は、私個人では対応しきれないので祖師谷陶房の親会社と組んで取り組みます。いろいろと大変そうですが、やりがいのある仕事です。

b0145114_2305684.jpg写真は、先週末に入稿したDMのひとつ。

三磁展 ー春のひとときー
有光志津枝 内山みどり 泉さやか
会期:2010年3月13日(土)~21日(日)
時間:午前11時~午後7時
   (最終日は5時にて閉廊)
会場:工芸いま
   東京都中央区銀座7-17-5
   03-3542-5707
by nodatohboh | 2010-01-26 23:04 | 編集の仕事

「陶ISM」は「見本市」的なイベント

われわれ陶芸家の世界で「展示会」といえば個展やグループ展なのですが、産業界で「展示会」とは「○○産業展」や「見本市」でしょう。業界単位で催されることが多く、各地の産業会館などで行っています。企業にとっては、新商品やサービスを業界の人々にアピールする絶好の機会で、なくてわならい催しです。
私に直接関連するものでは「窯業機器の展示会」や「美術教材の展示会」などがあり、ときどき出かけていったりもします。また、知り合いの建築家の方に頼まれて、展示ブースのグラフィックデザインをしたこともあります。

b0145114_11244286.jpgさて、前置きが長くなりましたが、陶ISMのお話です。
一昨年の夏、多治見で「イケイケヤング陶芸家」(以後、イケヤン)というお祭りのような催しがあったことは以前のブログにも書きましたが、この春再びヤングな陶芸家が陶ISMというイベントで益子に集まります。しかし、今度の集まりはその目的がイケヤンとは異なるようです。
イケヤンでは、総勢150名もの若き陶芸家達が集まったようですが、主とする目的は陶芸家同士の「交流」にあったようです。
一方の陶ISMは、参加陶芸家が作品を展示し、それをギャラリーやショップバイヤーなど業界の方達に見てもらって、ビジネスや今後の展開に「繋げていく」ことが目的の集まりです。同時にそれぞれが交流を深めて刺激しあうために交流会なども開かれます。
陶芸家による自主運営で行われますが、前出の「見本市」的要素の強いイベントになりそうです。まだ1回目で、結果がどうなるかはわかりませんが、そのコンセプトは画期的で意義のあるものだと思います。
私は、陶芸家としては世代がだいぶ上になってしまったので、ちょっと違う形で参加しようと思っています。

陶ISM
開催日時:3月21日(日)12:00→17:00
     3月22日(月・祝)11:00→15:00
     *交流会(21日17:00~)
会場:益子陶芸倶楽部/民宿古木
   〒321-4217栃木県芳賀郡益子町益子3288-6
   Tel:0285-72-3866 Fax:0285-72-4178
主催:陶ISM実行委員会
実行委員長:二階堂明弘
by nodatohboh | 2010-01-25 10:57 | 陶芸の仕事

ギャラリーめぐり

土曜日、久しぶりにギャラリーをはしごしました。
まずは、3月に益子で行われるイベントでお世話になる二階堂さんの個展。表参道のギャラリーワッツで、一品更屋さんという方とのコラボ企画です。一品更屋さんのお仕事の説明は難しいのですが、「現代アート的茶事プロデューサー」って感じの人です。今回は、展示のプランニングとデザインをこの方が行っていました。お茶の世界で言う「しつらえ」ってやつでしょうか。お茶会も会期中に行われており、マンションの一室のギャラリーが独特の雰囲気に包まれていました。

二階堂明弘(陶)+一品更屋(道具)コラボ展『境界線』
1月19日(火)〜26日(火)
ギャラリーワッツ
二階堂明弘
一品更屋

次にすぐ近くのうつわ一客へ。
こちらは、大阪に本店がある老舗ギャラリーの東京店です。ずいぶんと前からお世話になっていて、10年くらい前には大阪で個展を開催しました。今年の5月に東京店で個展を開催していただけるので挨拶と下見を兼ねて伺いました。
うつわ一客

b0145114_164661.jpgさらに、ちょっと脚を伸ばして日本橋三越本店で開催されている廣川啓子さんの作品展へ。鎌倉の料亭の窯に勤めていた頃の先輩陶芸家です。大学を出てからの5年ちょっと間、轆轤を並べて作業をしていました。あれからずいぶんと月日が経ちましたが、そのぶれない仕事っぷりに初心を思い出しました。

廣川 啓子 作陶展
1月20日(水)〜26日(火)
日本橋三越本店・本館6階 美術サロン
by nodatohboh | 2010-01-23 14:58 | 陶芸の仕事

ポートレート

30代前半よりも若い世代は、明らかに「写真なれ」しています。彼らは子供の頃から携帯やデジカメ、ビデオが身近だったせいでしょうか、レンズを向けられることに抵抗があまりありません。
取材でよく対象者のポートレートを撮ります。でも、ほとんどの方は写真を撮られるのが苦手です。
陶芸家が多いせいか、年齢のせいなのか、、、
かくいう私も得意ではありませんが、前に撮ったときとだいぶ風貌が変わっているので久しぶりに撮りました。自分でいろいろと撮ってみると「コツ」のようなものがわかってきて勉強になります。

坊主頭だった十数年間は自分でバリカンを使って刈っていました。
祖師谷陶房の事務のカナコちゃんの旦那(理容師)が独立して近くにお店を持ったので、それをきっかけに半年くらい前から少し髪を伸ばすことにしました。
前からよく知っていて気軽に話ができるし腕も良いのです。今では2ヶ月に1回の床屋でのリラックスタイムにはまっています。

ヘアー&リラックス NEST
by nodatohboh | 2010-01-21 07:41 | カメラの仕事

頼れる後輩夫婦

b0145114_17595388.jpg後輩の佐藤典克君は、奥さん(泉さやか)も陶芸家です。神奈川県相模原市で作陶&陶芸教室をしています。
以前から親しい佐藤君には、雑誌の仕事で困ったときにいろいろとお願いをしています。やさしいやさしい佐藤君は、先輩の無理難題に文句一つ言わずいつも快く引き受けてくれます。次号の季刊「陶工房」でも協力してもらいました。
しかも、作品展のDM制作まで依頼してくれます。(現在奥さんのグループ展のDM制作中)
あーなんてすばらしい後輩なんだろー。
ほんとにほんとに、ありがとー。

佐藤典克
泉さやか
陶芸教室レア
by nodatohboh | 2010-01-19 18:02 | 編集の仕事

茶碗の箱書き

b0145114_183198.jpg昨年の個展でめずらしく楽茶碗を沢山買っていただいたので箱書きです。正月休みなんかもあって今頃になってしまいました。
久しぶりの箱書きだったので、ちょっと緊張しながらでしたが、書き損じもなく無事終了。
書道は全然ダメです。生前浅野陽先生が「上手く書こうとしない方がよい」とおっしゃっていたのを心の支えに自己流です。
そういえば、先日、お酒のコマーシャルに浅野先生の昔の作品らしきものが映っているのを見つけました。一瞬なのではっきりしませんが、他にもお気づきの方いましたかね。

箱義桐箱店
by nodatohboh | 2010-01-17 18:39 | 陶芸の仕事

入稿を済ませて一息

b0145114_1452880.jpg土曜日にようやく季刊誌の入稿をすべて終えました。
今号は、いろいろな形で5企画に関わっているのですが、仕事量は企画によってずいぶんと差があります。すべてをひとりでこなすものもあれば、著者の原稿を校正するだけのものもあります。
写真は一番長く続けている連載「フードスタイリスト田島富佐江のこんな器が欲しかった」のスタイリング風景です。今回は、田島先生が開いているフードスタイリスト養成講座の生徒さん2名が勉強をかねてアシスタントについてくれました。
アシスタントはランチョンマットの両脇についた紐をキレイにならし、酒命の田島先生は酒の瓶に磨きを掛けております。
Team-F1
by nodatohboh | 2010-01-17 14:43 | 編集の仕事

先輩と同級生と後輩のグループ展

パンフレットを作ったのは去年ですが、大学研究室時代の先輩と同級生と後輩がグループ展を開きます。故浅野陽名誉教授が女性作家だけを集めて企画した作品展でもう15回目を迎えます。

b0145114_7384613.jpg第15回彩女会 作陶展
2009年1月13日(水)〜19日(火)
日本橋三越本店 本館6階 アートスクエア
〈出品予定作家〉杉沼里美、髙木寛子、若林和恵、斉藤裕子、古川茂世、岩淵真理、永田芳美
by nodatohboh | 2010-01-14 07:46 | デザインの仕事