<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

撮影のダブルヘッダー

b0145114_17385424.jpg今日は、ハウツーの撮影をダブルヘッダーで行った。
私もいろいろとスケジュールがつまっているのだが、作ってもらう作家の方も忙しい。お互い忙しい中をぬって撮影日を設定するとこういう事になる。

朝10時に後輩の工房兼教室へ。後輩は、私よりも4学年くらい下の女流陶芸家。夫婦で教室を営みながら作家活動を行っている。前から雑誌の仕事などでお世話になっている。親しみやすい雰囲気なので何かと頼みやすく、ついつい無理なことまでお願いしてしまう。でも、そう思っている編集者は私だけではないらしく、良くいろいろな陶芸雑誌に登場している。
今回は、月刊誌の連載企画に協力してもらった。業者のタイアップもあり、私としては力が入ってる。彼女にとっては、初めての材料でつくる、初めての作品なので苦労もあるだろう。
2回分をまとめて撮影し、10時から夕方の5時までかかった。昼食に食べたおいしい讃岐うどんのお陰か、その時点での疲労感は少なかった。

祖師谷陶房に戻って、撮影したデータの整理などをし、単行本の撮影を夜の8時から行った。今度は同僚のS講師。彼は今、個展前で忙しい。自宅の窯だけでは焼ききれないので祖師谷陶房の窯も借りている。彼を拘束できるのは、唯一焼成中のこの時間だけだ。
撮影は夜中の12時くらいに終わり、機材を片づけ、撮影データの整理が終わったのは夜中の3時だった。

カメラの仕事をはじめた頃は、まだフィルムだった。しばらく頑固にフィルムで仕事をしていたのだが、時代の流れとともにそんなわがままも許されなくなった。デジタルに移行して数年経つ。
一見簡単そうなデジタルカメラだが、プロの仕事をするためには、いろいろと勉強し、経験をつまないとデジタル特有のクセやトラブルに対応できない。
最近、単行本のために撮った膨大な撮影データを処理するにあたり、デジタルの「現像」について、もう一度勉強し直した。いろいろと試すうち、最近ようやく、求めているクオリティーに近づいてきたような気がする。
by nodatohboh | 2008-08-25 17:28 | カメラの仕事

世代

お盆が過ぎ、秋の気配が感じられるようになってきた。
今年のお盆は、こもって執筆作業に明け暮れていたら、あっという間に終わってしまった。
そして、陶芸教室も再開し、普段の生活に戻ってしまった。

お盆の頃に、多治見で「イケイケヤング陶芸家」という会があった。30歳前後を中心とした若手陶芸家のちょっとしたパーティーで、150名もの参加者が全国から集まったようだ。陶房のスタッフも4名、東京から参加した。短期間でこんなに多く参加者を集めることができたのは、主催した陶芸家の人望はもとより、ネット社会の情報の早さがあってこそだろう。残念ながら私はもうイケイケヤングではないので、参加を遠慮したのだが、とても興味を持ってその成り行きをみていた。
バブルがはじけて、地ならしされたこの時代。若手陶芸家達は、フラットな考えを持っているようだ。我々の頃のような、ちょっとギスギスした雰囲気は感じられない。

バブルの後期に陶芸家になった我々世代は、丁度イケイケヤングな頃に大きな不況の波にのまれてしまった世代だ。陶芸家の数も今よりずっと少なかったし、ネットも普及していなかったので、陶芸家が団体や学校、産地以外の共通項で集まるなんて考えられなかった時代だ。そのせいか、横のつながりが極端に少ない。
我々アラフォー世代は、それぞれが、自分の仕事のスタイルを確立し始めている。大きな冒険もあまりしなくなり、個展を年数回、いくつかの公募展に出品。注文品を制作する生活だろう。
人のつながりを広げたいと思ったこともあまりなかったのだが、「イケイケヤング陶芸家」の集まりはとても楽しかったようで、そんな彼らが正直うらやましく思えた。これから、一緒に成長していく仲間(ライバル)が多いというのは、励みになるだろう。
by nodatohboh | 2008-08-23 14:02 | 陶芸の仕事

銀座で取材&陶房で記念撮影

b0145114_98358.jpg午前中、月刊誌の連載の撮影が銀座のギャラリーであった。以前にもお世話になったギャラリーなので、現場の状況もわかっていてやりやすかった。車を停める場所、機材を運ぶルート、店内の状況、お店の方のキャラクターなどがわかっているのといないのとでは、緊張感が違う。
撮影は順調に進んだが、1時間半かかってしまい、午後に約束していた別の打ち合わせに少し遅れてしまった。

世田谷の後輩の教室で、次号から始まる新連載の具体的な打ち合わせを行う。初心者向けの企画で、業者のタイアップも視野に入れている。企画にあわせて作品を作ってもらうため、後輩には少し無理な注文もした。

陶房に帰ると、「やっと帰ってきた。記念撮影をしよう!」と言われる。
今日は、教室終了後にオーナーの古希のお祝いをすることになっていて、その記念撮影を明るいうちにしましょうってことらしい。
b0145114_1049136.jpg再びカメラ機材をバックから取り出して三脚にセッティング。リニューアルした陶房の前で、スタッフ一同記念撮影をした。セルフタイマーにしてシャッターを押し、走って群れに混ざる。真夏の暑い中、これを10回くらい繰り返したら変なテンションになってきた。
夜、近所の寿司屋で孫も含めたオーナー一家と一緒にみんなで食事をした。ひさしぶりにのんびりとした楽しい夜だった。
by nodatohboh | 2008-08-09 23:07 | カメラの仕事