<< 工事現場での打ち合わせと筋肉痛 センテンモン >>

取材されながらの取材

最近、取材先で「取材風景をブログに載せても良いですか?」と聞かれる機会が増えました。私の携わっている取材で、本が出る前にばれるとまずい、なんてことはほとんどありません。むしろ宣伝になるので嬉しいくらいです。

もう一つ嬉しいことがあります。
私は、今でこそいろいろな仕事をしていますが、もともとは生粋の陶芸家でしたので、昔を知る人の中には「そんな脇道にそれて大丈夫なのか?」と心配してくれる人もいます。
「他の仕事も片手間でなくちゃんとやってますから」と言ったところで、その仕事の業界のことも、どういう仕事なのかもわからない人にはいまいち説得力がありません。
でもこんな感じで取材風景を紹介してもらうと、ある程度わかってもらえるようです。
まあ何でもそうでしょうが、10年くらいせっせと仕事をしていないと認知度はなかなか上がりません。

このときは、作家さんのホームページを作っている方が「取材風景を取材」するということになりまして、取材しているのに取材されてしまいました。

b0145114_19541439.jpg二人展
内山麻理(磁)金子佐知恵(陶)
会期:2月17日(水)~2月21日(日)
会場:FALL
杉並区西荻北3-18-10-#102
12:00-20:00(定休 月と火)
tel & fax  03-5856-0522
by nodatohboh | 2010-02-03 20:11 | カメラの仕事
<< 工事現場での打ち合わせと筋肉痛 センテンモン >>